お金借りるTV。借りたい人の情報発信局

無担保でお金を借りるならカードローンが便利です

お金を借りる方法では、高額なローンを組むときなどは土地や建物などの不動産を担保に入れて借りることもあります。
担保を用意する手間はありますが、その分低金利で借りられる方法です。

とはいえ、数万円程度の小額のお金が用意できれば良いということもあり、こうした場合はできるだけ手間を掛けずに融資を受けられるほうが良いものです。

無担保で融資を受けるのであれば、キャッシング、カードローンを利用してみましょう。
消費者金融、銀行では無担保のカードローンが用意されており、手続きについても来店せずにインターネットや電話からも手続きすることができます。

担保はもちろん、保証人の用意も必要ありません。
担保を入れない分、有担保ローンと比べると金利は高めに設定されていますが、一定期間無利息など利息の負担の少ないサービスも用意されています。
金利は日割りで計算されますので、短期間に返済できればそれほど利息の負担は大きくならずに利用することができます。

無利息キャンペーンを使ってお得にお金を借りる

貸金業者からお金を借りる場合、返済時に利息を加えないといけないのでお得な返済方法というのはなかなかないように思えますが、無利息キャンペーンを利用すると確実にお得な返済をすることが出来ます。
というのは、借りたお金をそのまま返せば完済出来るからです。

無利息キャンペーンはどこの貸金業者でも行っているものではないので、利用する場合は、行っている業者を探さないといけません。
CMでキャンペーンをしているということを放送しているところもありますが、手っ取り早く見つけたい場合はインターネットで検索するのが一番いい方法でしょう。

ネットで探す場合の注意点としては、比較サイトに掲載されている情報は古い場合があるので、貸金業者の公式サイトを必ず確認した方がいいということです。

たとえば、現在、無利息キャンペーンを行っている貸金業者の一覧表を載せている比較サイトがあったとして、その表は去年や一昨年に作られたものかもしれません。その場合は、既にキャンペーンを行っていない会社もあるので公式サイトで確認した方がいいのです。

引越し代を借りる

キャッシングとは金融機関でお金を借りることです

金融機関でお金を借りることを、キャッシングといいます。元々この言葉は、借り入れた分を一括返済する意味で使われていましたが、今では分割で返済する借入方式もこのように呼ばれており、その点カードローンとあまり違いがなくなって来ています。
お金を借りる場合は、まず本人確認と収入証明の書類を準備します。そのうえで、窓口で申込用紙に所定事項の記入をし、書類を添えて提出します。その後審査が行われ、返済能力があるかどうかかここでチェックされます。審査に通るとお金の借入ができるようになります。
最近は窓口だけでなく、ネットからでも申込ができるようになっています。この場合は、金融機関のサイトのフォームに所定事項を入力して送り、書類はFAXかアプリを使って送付します。ネットからの申込は、審査時間が短いのが大きなメリットです。また、キャッシングの分を本人の銀行口座に振り込んでくれますので、キャッシュカードで借入分を引き出すことが出来て、大変便利です。

お金を借りる時申込用紙に嘘は書かないように

お金を借りる時、申込用紙には必ず事実を書くようにしましょう。
特に他社からの借入件数や借入額が多い場合は、審査に通りたい、あるいはより多くのお金を借りたいために、つい事実と違うことを書きたくなってしまいますが、嘘を書いても、審査の段階でわかってしまいます。むしろ事実と違うことを書いたために、その人の信用が失われることもあります。

特に消費者金融の場合は、総量規制があります。この総量規制は、2010年施行の改正貸金業法から設けられたもので、借りすぎ防止のために、年収の3分の1に当たる金額を借入限度額と定めています。ですから、借入限度額ぎりぎりでお金を借りる時は、やはり少なめの額を書いてしまいがちですが、絶対にやってはいけません。

もし限度額に抵触するけれど借入をしたい場合は、総量規制対象外の消費者金融や、銀行をお勧めします。銀行は貸金業法でなく、銀行法が適用されますので、総量規制が存在しません。そのため、借入限度額を気にする必要が無いからです。

アルバイトでもお金を借りることができる

お金を借りるには申込者の属性を確認して融資が可能かどうか判断しますが、正社員であれば属性のスコアは高くなります。
安定した収入がありますので、銀行融資では正社員として勤務していなければ審査に通らないこともあります。

お金は銀行だけが貸しているわけではなく、信販会社もあれば消費者金融もあります。
消費者金融の融資はキャッシングと呼ばれていますが、基本的に一定の収入があれば融資が可能となります。総量規制があるために無収入の人には融資を行いませんが、アルバイトやパートでも継続して一定の収入があれば審査に通るケースがあります。

もちろん融資を決めるのは金融業者となりますので、アルバイトでは審査に通らないことがありますが、給与明細や源泉徴収票など収入を証明できる書類があれば審査に通る確率が高くなります。現在は正社員ではなく非正規雇用で働く人が多くなっていますが、正社員以外の派遣社員やパートでもお金を借りることが可能です。

誰にも内緒で消費者金融からお金を借りるには

消費者金融でお金を借りる時に家族や知人などに内緒で申込みをしたい場合には、インターネットを利用して申込みをするようにすれば誰にも知られずに借り入れすることが出来ます。

店舗窓口での申込みや自動契約機を使っての申込みの場合、店舗や自動契約機コーナーに入って行くことを誰かに見られてしまう可能性がありますが、インターネットを利用した申込みならパソコンや携帯電話を使って自宅や外出先から消費者金融に申込みをすることが出来ます。

また、申込みからお金の借り入れまですべての取引をインターネット上で完結させることが出来る消費者金融も多いので、本人確認書類を郵送したりする手間もかかりませんし短時間でお金を借りることが出来るというメリットもあるのです。

このように家族や知人に内緒でお金を借りたい方にとってメリットが大きくなっていますが、インターネット完結型の申込みが出来る消費者金融は数多くあるので、利用の際は金利などをよく比較した上で選ぶ必要があります。

バレずにお金を借りる方法について

会社や奥さんに、バレずにお金を借りる方法は電話連絡や郵送物が送られてこない会社で申込みをすることです。

審査では、会社に在籍確認のために電話で行われます。会社に電話をするときには、カードローン会社の会社名ではなく審査担当者の個人名にてかけてくれるのですが、普段会社に個人あてに電話があることなどない会社である場合は周囲の人が不信に感じてしまうこともあります。勘のいい人は借金の電話だと分かる人には分かるのです。

在籍確認は勤務先だけではなく自宅の固定電話にも行われます。在宅の確認は、奥様が自宅にいる場合は奥様が電話にでる可能性があります。

仕事に行っている時間なのに自宅にかかってくることは何かの勧誘か在籍確認となります。

そして、インターネットで申込してもカードは自宅に送られてきますので、送られてこないようにするには自動契約機で契約手続きをすればカードが受け取れます。また、お金を借りるときには書類郵送や電話確認のない会社ですることです。

他の人にバレないお金を借りる方法

急な出費などでどうしてもお金を借りることになることもありますが、できればお金を借りているということは知られたくないという人も多いものです。

お金を借りていることがバレないのかということになりますが、まず金融業者はたとえ家族であっても他の人に情報を漏らすことはありませんので、安心して手続きができると言えます。

とはいえ、来店の場合であれば知り合いに見られないとも限りません。
カードローンやキャッシングの場合は来店する手間がなく電話やインターネットでも手続きができますので、より人に知られずに借入することができます。

家族にも知られたくない場合は郵送物などが届かないよう手続きしておくと良いでしょう。
勤め先への在籍確認もありますが、こちらの場合も金融業者の名前は出さずに個人名で対応してくれることが一般的です。

通常の利用であればまず他の人に知られる心配はないと言えますが、遅延や不払いを繰り返すと自宅に連絡がくる場合もありますので、そうしたことがないよう返済はきちんと行ないましょう。

おまとめや一括の借り換えでお金を借りる

お金を借りる時には、借り換えという場合もあります。これまで高い金利で借りていた分を低い金利の金融会社で借り換えるというのもありますし、また数社から借りていた分をひとつにおまとめや一括での場合もあります。

高い金利のところから低い金利のところへ1社での借換の場合にはそれほど問題はありませんが、数社からの借換では気をつけることがあります。それは4社以上お金を借り入れている場合では、おまとめや一括ローンの審査に通らないことがあるということです。あまりに多くの会社からの借換ではなかなか審査には通りません。

ですので、もしおまとめや一括ローンを組みたいのであれば、今借りている会社を少なくとも3社以内にしてから申し込む方が確実です。

借換を望むあまりやみくもに申込むと申し込みブラックになってしまい、ますます審査に通りにくくなります。ですので、きちんと段取りを踏んで借り入れ先を減らしながら、おまとめや一括ローンの申し込む方がよいでしょう。

お金を借りる女性について

ショッピングに出かけて買い物をすることが大好きであるという女性は少なくありません。

好きな物を購入することができると、とても嬉しいと感じる人はたくさんいるのです。しかし、買い物をするときに好きな物ばかりを購入していると、お金が足りなくなってしまう場合もあります。

そのようなときには、買い物を諦めてしまわなくてはなりません。しかし、我慢をすることができずに、買い物を続けたいと思っている人はたくさんいます。

買い物を続けるときには、お金が必要であるため、消費者金融機関を通じてお金を借りるという女性は少なくありません。

消費者金融機関を通じてお金を借りると、とても安全であるため、安心して利用することができます。

また、借りたあとにはすぐに返金をすることも可能です。借りた日の翌日に、コンビ二に出かけて返金をするという人は少なくありません。手続きはとてもシンプルで簡単であるため、初心者でも気軽に利用することができます。

現代的なお金を借りる方法

受付担当者と顔を合わせることで、お金を借りる契約が成立したのは過去の話です。

まだインターネット技術やファックスが普及していなかったころは、フェイス・トゥ・フェイスでの契約が必要でした。今では、身分証明書の提示がネット上で完結する時代です。

複雑な暗号化が施された通信は、セキュリティが万全であると評価されているので多方面から注目されています。消費者金融も例に漏れず、お金を借りたいと考えている顧客との契約が電子情報のやり取りだけで成立させる方法が主流になりました。

今も昔も、お金を借りる際には身分証明書が必要です。

現代的な契約では、携帯端末で身分証明書を撮影して消費者金融の担当者に画像データを送信するだけで、借り入れが可能であるか審査が行われます。

他にも求められれば書類データを送信し、信用に値する人物であると認められれば晴れてお金を借り入れることができるようになるというわけです。店舗に足を運ぶ必要がなく、まさに現代的な借り入れ方法と言えます。